忍者ブログ

画房日誌

Home > ブログ > 記事一覧

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

16Personalities という性格診断サイト

面白そうだったのでやってみました。
結構納得の行く結果だったので、メモ代わりにここに貼っておきます。

診断はこちら→16Personalities







私は一日の中で変化する。朝起きた時はある人で、寝る時は確かに別人だ。


ボブ・ディラン

ISFP型の人達は真の芸術家ですが、外で風景画を描くといった典型的な芸術家のイメージに当てはまるとは限りません。確かにこうした芸術家も多くいて、その能力は十分にありますが、むしろ、持ち前の美的感覚やデザイン力、そして自分の選択や行動さえも活かして、社会的慣習の枠を押し広げます。美の表現や行動を試みながら、従来の期待を覆すことを楽しみ、たぶん、これまでに「私を型にはめないで!」と何度も言ったことがあるでしょう。

あるがままでいられるのが幸せ

ISFP型の人達は、人々やアイデアとの繋がりに刺激を受けながら、色鮮やかで官能的な世界に住んでいて、こうした繋がりを再解釈しながら、自分自身や新しい視点を再発明したり実験したりして楽しみます。このような方法で探求したり試みたりする性格タイプは、他にありません。これにより、自発性が養われ、親しい友人や家族からさえも何をするかわからないと思われています。


こうした気質にもかかわらず、ISFP型の人達は間違いなく内向型(I)で、人前から姿を消し、一人になってリフレッシュすることもあり、さらに友人たちを驚かせます。しかし、一人になったからといって、何もしないでいるわけではありません。こうした一人の時間に、自らを振り返り、自分の本質を評価しているのです。過去や未来にこだわるよりも、自分のありのままの姿について考えます。そして、その修道院から再び人前に戻った時、その姿は変化しているのです。


ISFP型の人達は、自分の情熱を押し広げられる道を見い出すために生きていて、他の性格タイプよりも、まるでギャンブルや極限スポーツのような、より危険な行動が多く見られます。幸い、その瞬間と一体になり環境に溶け込めるため、大抵の人よりうまく立ち回れます。また、人との交流を楽しみ、ある種の抵抗できない魅力を持っています。

常に心が和むような賛辞だけを知っていて、これが、自らの危険な行動を無責任または無謀だと認める心の余裕になっています。

しかし、批判が押し通されると、無残な結末になることもあります。ISFP型の人達の中には、親切な批評の言葉を、別の視点として受け取り、新たな方向に突き進むきっかけにできる人もいますが、より痛烈で思慮に欠けたコメントに対しては、凄まじく激怒します。


ISFP型の人達は、他人の感情に敏感で、調和を重んじます。批判に直面した際には、一歩下がって、一瞬かっとなった気持ちを抑えるために十分間を置くことが、ISFP型の人達にとって課題といえるでしょう。しかし、ISFP型の人達の内面は、一瞬のうちに方向転換するので、議論で高まった感情がおさまると、大抵の場合、過去は過去と割り切り、まるで何事もなかったかのように前に進みます。

生活のあらゆる表現の中に意義がある

ISFP型の人達にとって最大の課題は、将来に向けて計画を立てることです。目標の土台となる建設的な理想を見つけて、前向きな原動力を生み出す目標を成就させるのは、容易なことではありません。番人タイプとは異なり、ISFP型の人達は、資産や退職の計画を立ることはありません。むしろ、自己の一体感を高めるための活動と行動を計画し、貯蓄ではなく、作品集となる数々の経験を積み重ねます。


これが尊い目標や原動力ならば、目を見張るほどの慈愛の心と私利私欲のない気持ちで行動します。しかし一方で、より自己中心的なアイデンティティを確立して、身勝手で巧妙かつ尊大に振舞う場合もあります。ISFP型の人達が覚えておくべきことは、なりたい自分になるために積極的に行動することです。新しい習慣を築き維持するのは、たやすいことではないかもしれませんが、毎日時間を作って自分の動機を理解することで、長所を活かしながら、気に入ったことをとことん追求できるのです。


ISFP型の有名人:

ボブ・ディラン
 
ポール・マッカートニー
 
マイケル・ジャクソン
 
ケビン・コスナー
 
ブリトニー・スピアーズ
 
ジョン・トラボルタ
エリザベス・テイラー
 
クリストファー・リーヴ
 
ドナルド・トランプ
 
マリー・アントワネット
 
ユリシーズ・S・グラント
 
ミラード・フィルモア

拍手[0回]

PR

【祝・3DS発売記念】DQ8総評・フルアーマーED

※ネタバレたっぷりたっぷり画像もたっぷりなので、クリアされてない方はお引き取りください。


去年私は確かDQ8にどっぷりとはまっていたと思うのですが、全然ブログなどで書いたことが無かったため、これを機に少し書いてみようと思いました。
(※もちろんプレイステーション2版です)


拍手[1回]

ロマンシングサガ-ミンストレルソングタロット近日発売です(うそです)

ブログ更新、すごい久しぶりorzです…。どうもこんにちは!

ツイッターのほうで、もしミンサガのタロットを作ったら…みたいな話題が盛り上がったので、一応占い業界の端くれにいた私なりの対応カード案を、カード解説とともにお送りしてみようと思います。
(本当は、絵も描きたいのだけど!w)

●参考文献:「タロットの教科書 第一巻 タロット・ワークブック」
マルシア・マシーノ著


拍手[2回]

【DS版DQ5】プレイメモ・その3【結婚から石になるまで】

最近は体調を崩してなんだかひどくちまちまとしかしていないので記憶が…。





拍手[0回]

【DS版DQ5】プレイメモ・その2【奴隷から結婚まで】

※長いです5000文字ちょいになってしまいましたw

ゲマにさらわれ、光の国教団の神殿を作るための奴隷にさせられる主人公とヘンリー。
あれから10年経ちました。
10年以上もずっと作り続けてるってのが凄いな。先の事を思い出しても、ゆうに18年位かかってるわけだろ。
奴隷ってコスパ的にどうなんだろ?




拍手[0回]

PAGE TOP