忍者ブログ

画房日誌

Home > ブログ > ゲーム > 【祝・3DS発売記念】DQ8総評・フルアーマーED

【祝・3DS発売記念】DQ8総評・フルアーマーED

※ネタバレたっぷりたっぷり画像もたっぷりなので、クリアされてない方はお引き取りください。


去年私は確かDQ8にどっぷりとはまっていたと思うのですが、全然ブログなどで書いたことが無かったため、これを機に少し書いてみようと思いました。
(※もちろんプレイステーション2版です)



このゲームにはまっていたのは確か去年の夏ぐらい?でして、その頃はツイートとか色々あまりしていなかった時ですから、本当に一人没頭していた感じです。

その結果がこちら↓






我ながら最近のゲームでここまでレベルなどを上げたのはかなり久し振りです。
まあスライムヒルズで延々メタル刈りができてたおかげでもありますが。
竜神王も全部倒して、ご覧のとおりフルアーマーです。剣は装備しなくても大丈夫なんだな。
基本的にカジノやバトルロード、錬金アイテム、裏面などのやりこみ要素はすべてやっていて、していないのはフルアーマーエンディングだけでしたので、今回ふと思い立ちプレイしてみることにしました。


久しぶりすぎてラプソーンに突っ込む方法忘れてたよ…w
やっと、あーレティスのとこに行けばいいんだと思い出して、レティシアへ。

神鳥の杖をもらってレティスに乗っていざデブおやじのところへ。

最初の7ターン祈りを捧げなくてはならないのがもどかしい所。

色々攻撃をくらいますが、このレベルだとびくともしませんね。
いざ7ターンで賢者をすべて復活させ、デブ本体のお出まし。


1ターンはテンション上げ→主人公がギガスラッシュ、ヤンガスが蒼天魔断攻撃、ククールはベホマラーかジゴスパーク、ゼシカはずっとタンバリンで。(タンバリン役をククールにさせている人が多いと聞くがなんでだろう…?)
だいたい1ターンで一人1600以上の攻撃を叩き込めるので、戦闘はあっちゅーまに終了へ。まあ仕方ないね。

で、エンディングです。

喜びに震えるヤンガス。静かに勝利と敵が討てたことを噛みしめるゼシカ、やれやれなククール。

レティスに乗ってトローデーンへ。
そこでレティスに関する重大なことを知ることになります…(※プレイヤー目線で)





そしてレティスはまた別の世界へと旅立ってきます。「神鳥のたましい」が主人公の手元から飛びだって、親レティスのとこに飛んで行く描写すきです。



トロデ王が元に姿に。変わらへんやんww


ミーティアも。


宴で盛り上がるみなさん。

このククールの壁ドンである。


ゼシカと主人公がデフォの服装に




そして数カ月後。
近衛隊長になった主人公です。鎧着てますね。フルアーマーじゃない時でも、近衛隊長なのにいつもの布の服だけなのもそれはそれで変なのですが、城の鎧って無いのか?

部屋の外でククールがまた壁ドンしてたけど直ぐに動いたので撮影できませんでした。

ミーティア、あのくそチャゴスとの挙式のため、主人公とともにサヴェッラ大聖堂へ。



マジはらたつわー。つか主人公たちが世界を救ったのは当事者たちだけの秘密なんだろうか。

腐れ黄緑にご立腹のククール、主人公の父親の遺品のアルゴンリングを見せて真実を話してサザンビーク王を説得したらどうかと言い出します。(※最終バトルでアルゴンリング装備時のみ)



ククールのこういうとこ、結構好きだよ。

そして挙式→主人公「ちょっと待ったー」バーン→サザンビーク王「ゆるす」

サザンビーク王は結婚前夜、アルゴンリングを持ってきた主人公に「王位継承者が二人もいたら国が混乱するからお前の言い分を聴くことは出来ない」的なことを言うのですが、ここへ来ていきなり主人公の存在を許す態度は、もしかして主人公の本気度を試したのかな?
父のアルゴンリング無しの場合でも、結局チャゴスのアルゴンリングが本物ではないことを叱ってミーティアを行かせてしまうわけですが。自分の息子にほとほと愛想が尽きているんだろうなあ。乙。

で、大聖堂の外へ飛び出す二人

服が!!鎧脱いでる!!直前まで着てたのにw


外の馬車でドヤ顔で待機するトロデ王。
いや、良く考えたら馬車で帰れなくね?サヴェッラって絶海の孤島だよ?


だけど帰ってきました!w



トロデ王は性格はちょっとだけあれだけど、父の中の父です。

ミーティア姫が戻ってきたことで歓喜する国民たち。


で、スタッフロール。今までハイライト。
この二人うざかったなあ…


そんなわけで終わるのですけど。

これからサザンビークの国はどうなるんだろう。
どう考えても、チャゴスじゃあれだし、王様は国を出奔した兄の息子である主人公にサザンビークを継いで欲しいのではないだろうか?
一方トロデーンだって。ミーティアはトロデ王の一人娘なのだから、本当はいなくなったら困るわけですし、これから両国が二人を取り合わなきゃいいんだけどなーと心配してしまいます。
(だいたいあんなでかい国の世継ぎだったら何人か作っとけよ、とすこしおもう)


フルアーマーエンディングも見られたことだしこれでだいたいコンプリートして満足しました。
3DS版は女盗賊のゲルダとモンスターバトルロードのモリーが仲間になるらしいという情報ですが、イシュマウリも仲間にできるようにしてほしいなあ。


モリー仲間になったらいつでもチームモンスターを生き返らせてくれるんやろか、それなら仲間にする意義はとてもあるけど

…こっちみんな!


この作品とても好きです。ドラクエのナンバリングはこれで完結したらよかっんじゃないかと思うぐらい。9.10はやっていなくて、まあ好きな人もいるのでこんなこと言うとファンの人に怒られると思うんですけど、少なくともガラリと路線が変わった感は確かにあると思うんです。
8では、多分いままでのシリーズを色々振り返った描写があると思うんですね。その代表格はレティス何ですが、密かに「七賢者」は、今までのナンパリングシリーズを象徴した存在なんじゃないかって思ってたんです。検証はなかなかうまく行きませんでしたが。

【以下メモ】
一人目。シャマルという賢者の一人は、魔法戦士だということですが、それぞれゼシカとその兄サーベルとに別々の形で才能が継承されています。そのゼシカの兄サーベルトは剣の才能だけを受け継いで、ゴリゴリの剣士。格好を見ると……まるで1の主人公ソックリです。

二人目。大魔法使いマスター・コゾの末裔、マスター・ライラスは、元々ドルマゲスの魔術の師匠でした。しかしドルマゲスはやる気が無いと思われたのか、師匠に罵倒されるなど散々だったようです。それを恨み、見返してやろうとトロデーンから神鳥の杖を盗みマスター・ライラスを殺害します。世を恨み自分の力を世に知らしめようと悪の力を手に入れラプソーンの支配に染まります。
これは、少し2のハーゴンの境遇と重なります。マスター・コゾ(ライラス)とドルマゲスは、2の再現なのかもしれない考えられなくもないです。

三人目。賢者レグニストは、神界を見てきた男だと呼ばれ、レティスの名付け親だといいます。神界とは、上の世界、つまり3のアリアハン世界、もしくはその上のゼニスの城かもれません。神界がアリアハン世界だとすればこのⅧの世界はアレフガルド世界なのかもしれないという推測ができます。ラーミアが出現していたのも3ですから、3の勇者を連想させる存在になるんじゃないかと思っています。

四人目。呪術師クーパスは人間と魔物が共存する三角谷を創った人物。現代では末裔のチェルスが、自分を守るべき男によって奴隷のように虐待されるという不遇な運命を背負っている。うん、Ⅴの主人公をちょっと連想させます。

五人目、神の子エジュウスは六歳の子供で、ラプソーン戦のとき呼び出したシルエットを見て、Ⅶの主人公みたいだなあと思ったもんです。


残る二人、無敵の男ギャリングと薬師カッティード(末裔:メディばあさん)についてはちょっとよく分からないしムリやりこじつけるのも馬鹿らしいので控えますが、こう考えるとなかなかおもしろいって、わりとワクワクしました。
こういう考察等色々していたのですが、だいたい中途半端なので、またいつか書けたらいいなと思います。

だけど少なくとも8の世界は今までのドラクエの集大成かつ回顧できるとても素晴らしい作品だったと思います。
3DSで出るということですが、今までのシリーズを全部やってきた人は、本当は大きなテレビ画面で一度はするのを薦めたい作品です。


今回はこのへんで。


拍手[1回]

PR

0 Comment

Comment Form

  • お名前name
  • タイトルtitle
  • メールアドレスmail address
  • URLurl
  • コメントcomment
  • パスワードpassword

PAGE TOP