忍者ブログ

画房日誌

Home > ブログ > ゲーム > 【DS版DQ5】プレイメモ・その3【結婚から石になるまで】

【DS版DQ5】プレイメモ・その3【結婚から石になるまで】

最近は体調を崩してなんだかひどくちまちまとしかしていないので記憶が…。





結婚後は取り敢えずカジノ船とメダル王の城、砂漠の城を目指して海をドンブラコ。
大きなメダルと砂漠の薔薇をゲットして、名産博物館にも行ってきました。
すれ違い通信?で名産品作る奴はもう絶望的なのでやりません。
名産品コンプしたらなんかあったっけ?あれ。

砂漠の城ではお義父さんからのプレゼントが。ここはフローラと一緒ですね。
デボラときたら「砂漠の薔薇見つけに行くなら一人で行け」とか相変わらず言いたい放題です。
このへんでキングスライムとか仲間にしたものの、全然使えない…相変わらずスタメンがドロヌーバ―とさまようよろいとキメラですよ。キメラはベホマラー覚えているのでマジで外せん。HP低いけど攻撃も強いし凍える息も強力。マジ有能。

そしてグランバニアの洞窟へ。山の上で案の定倒れるデボラ。
あんな態度取られてたのにいつ…一体…と考えるに、ツイッターでも書いたけど、もしかしてドラクエの世界では神様の前で夫婦の契を交わしたらコウノトリがやってくるシステムなのではwとか思っちまいます。

それはそうとして、ちょっと面倒臭い洞窟を抜けて、いよいよグランバニアに到着。
サンチョと再会してデボラ妊娠正式に発覚、パーティ外れる。武闘家系ナのに力が弱くて持て余してたから正直助かる。
ここでだったか、「私と両親は本当の親子ではない、しかしフローラとは実の姉妹」と告げられます。
フローラとは実の姉妹なのか。なぜ髪の色が違うのだwそしてなぜ孤児になったんだろうか。

オジロンに王になってくれと頼まれ、王の試験の洞窟へ。
大臣の手先らしい雑魚が襲ってくるも余裕で撃破。
ここまで来ても仲魔のスタメン変わらず…。
帰ってくるとデボラ産気づき出産。子供の名前はロメオとジュリエに決定。
娘の名前は当然ジュリエッタにしたかったんだけど文字数がw忘れてたわ。まあいい。
デボラに「子供が生まれてベッドが狭くなったので床で寝ろ」って言われます。ドイヒーw

んでまあ主人公正式に王に即位し、宴があり、床で目覚めます。
デボラが攫われ、攫ったと見られる大臣を追って、部屋で見つけたそらとぶくつでデモンズタワーへ。
ここがまた面倒臭いが、なんとかボスのところへ。
しかし、チゾットの洞窟もそうだけどここも、以前はもっと難解で面倒くさいっていう強いイメージがあったんだけど
言うほど苦労はしてないのが印象的。
DS用にするにあたり易しくなったのか?それともそんな固定観念が強くて逆に拍子抜けなのか?わかりませんが。
ひたすらうろうろしてレベルだけは馬鹿みたいに上げてるのでそのせいかもしれませんw

で、てっぺんでジャミと戦闘。そしてゲマに石にされ、8年間放置プレイです。

大臣は結局自分がオジロン王を操って傀儡にしたかっただけだろうけど酷いやつですなあ。
魔物たちと利害が一致した結果とはいえ。そんな大臣の言いなりになってたオジロンはもっとバカかもしれん。


主人公はこれから8年間、買い取られたお屋敷に生まれた子供の「守り神」として過ごすハメになるわけですが
今回は何故か自分の子供の成長を見守れない代わりにこのこの成長を見守る主人公という視点になって見てしまい、何か泣けてきました。きっと主人公からすれば、自分の子供達の成長と重ねあわせて見届けてきたことでしょう。
しかしそんな彼も魔物たちに攫われてしまい、何度ふがいない自分を痛感しなければならないのか…ううーん。
単に長いこと石になって辛いとかじゃないんですよねえ、これ…。

やがて子どもたちとサンチョが助けに来てくれるわけです。子供がいきなり8歳になってたらなかなか実感わかないかもしれませんが、もしかすると同じくらいの子供のいるこの家に買われてきたことは不幸中の幸いだったかもしれません。



拍手[0回]

PR

0 Comment

Comment Form

  • お名前name
  • タイトルtitle
  • メールアドレスmail address
  • URLurl
  • コメントcomment
  • パスワードpassword

PAGE TOP